アスキムのチャットルーム
7月
27
2014
0

最初の脱毛はプロの手を借りて

脱毛はいろいろな方法がありますね。脱毛サロン等でおなじみの光脱毛、クリニックなど医療機関で行われるレーザー脱毛や電気脱毛、最近は家庭用の脱毛機器も徐々に普及しつつあります。http://www.xn--nckg3oobb5951gnh5a.biz/
脱毛のことが知りたかったらこちらの「脱毛サロン!人気ランキング」をご覧ください。タイトルの通り、人気の脱毛サロンをランキングして紹介しているのですがそれだけでなく、充実したコンテンツで脱毛のことが一通りわかるようになっています。

医療脱毛・部位別脱毛・自宅で脱毛・ひげの脱毛・全身脱毛などに分かれていますので、興味のあるところから覗いてみて下さい。自宅で脱毛といってもカミソリを使ったシェービングや脱毛クリーム、脱毛シートなどはおすすめしていません。これらの方法は肌トラブルを起こしやすく、埋没毛や毛膿炎などになる危険性があるからです。
脱毛をするなら、一度脱毛サロンやクリニックなどのプロにやってもらったほうが安心です。
その後の自宅ケアをご自分でやってみてください。

脱毛はムダ毛処理のわずらわしさが減るだけでなく、臭いを抑えたり、むれやかぶれを防いだり、健康面でもいいことがあります。脱毛メニューを上手く利用すれば、驚くほどの安価でできますので、比較的すいている秋冬シーズンを狙って脱毛サロンに通ってみませんか。

Written by admin in: 脱毛サロン |
7月
20
2014
0

その無添加はホンモノの無添加ですか?

肌トラブルの原因のひとつには、毎日使う化粧品があります。
最近でいえば、化粧品が招いた肌トラブルに、大手メーカーの美白成分があります。

美白効果を信じ続けて、これっぽっちの疑いを持つことなく毎日効果を期待して肌ケアを行ってきたユーザーへの、とんでもない裏切り行為です。

最近よく聞く言葉に「自己責任」という言葉がありますが、メーカーを信じて使い続けてきたユーザーに、責任を問うのは酷ですよね。

そうはいっても、ある意味、化粧品を選ぶ時に「自己責任」はともないます。

添加物を避けて無添加化粧品を購入するにしても、無添加の質を知らなければ、ホンモノの無添加化粧品かどうかハテナマークがいくつもついてしまいそうです。

無添加の化粧品は、とんでもない成分、たとえば、アレルギーを引き起こす可能性がある成分や、接触刺激、皮膚毒素など皮膚障害や肌トラブルを誘発するおそれがある成分が含まれていない旧表示指定成分の化粧品をいいます。

それに比べて、完全無添加化粧品は、旧表示指定成分のうち石油系保存料、石油系界面活性剤などが添加されていない化粧品で、無添加化粧品よりさらに添加物に厳しいチェックが入っているのが、完全無添加化粧品です。

詳しいことは■こだわりの完全無添加化粧品ランキング■が参考になります。

Written by admin in: コスメ情報 |
7月
13
2014
0

まつげエクステで傷んだまつげに!

眼力アップ!まつげ美容液おすすめランキングまつげ美容液・・・?
何するもの?・・っていうか、まつげ美容液をつけたらどうなる?
何かいいことあるのかな?

そういえば最近のメイクは、目元パッチリのイメージがありますけど・・・目元を強調したメイクがブームなのでしょうか?
コンタクトレンズにしても、デカ目カラコンとかが人気だとか・・。

まつげパーマは前からありましたが、最近は、まつげエクステを掲げる美容室も多くなりました。
考えてみると不思議なもので、まつげの長さや生え方の密度、カールの程度によって印象がちがいますよね。

眼力アップ!まつげ美容液おすすめランキング■>>こちら■サイトによると、まつげ美容液は、まつげエクステで傷んだまつげを補助するための美容液なのだそうです。

まつげエクステは、結構まつげを傷つけるようで、自まつげが細く薄くなってしまうみたいです。

で、どんなまつげ美容液があるかというと、
まず、DASODAの「GFスーパーアイラッシュ」。
「GFスーパーアイラッシュ」は、まつげの土台部分のまぶたや直接毛根とまつげに塗ります。
マスカラの下地にもOKなのだそうです。

アンファーの「スカルプDボーテピュアフリーアイラッシュ」は、まつげのダメージを軽減するとともにまつげの密度を濃密にしてくれるそうです。
まつげの育毛剤みたいな感じですね。

Written by admin in: 美容情報 |